--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.27

SENDキーにランチャーを~SortInchKey~【Touch Dual】

先日の内容でかるく触れただけのキーの割当ですが
基本的にはsiam_breezeさんのサルマネで
[Kaiser]SENDキーの2度押しにアプリを割り付ける
[Kaiser]Treoスタイルでサスペンドしたい(終話キーでサスペンドする方法)
を多少変更して受話キー2度押しにランチャを割り当てて使っていました。

特にTouch Dualは電源ボタンが押しにくく
この操作方法で電源OFFがしやすくなります。
(HT1100は電源ボタンが移動していて押しやすそう・・・)

これで便利に使っていたんですが
時々、受話キーの2度押しで
2度目の押しをちょっとし損じて
(1度目でリダイヤル、2度目が遅れて入力されてしまいリダイヤル画面最終履歴に発信を入れてしまう)
リダイヤルしてしまうという失敗をやってしまいました。
夜中にTouch触ってたりすると、かなり冷や汗かきます
※一度「こんな夜中、しかも隣におるのになんやねんと」嫁に怒られたことアリ

もちろん用心深く押せば問題無いわけですが
不器用でそそっかしい性格上
頻繁に使う項目を2度押しに入れるのはちょっと不安に。

で、もういちどsiam_breezeさんが上記で紹介されている
SortInchKeyの設定を調べ直してみました。

個人的に気になっていたのは上記の終話ボタンの割当で使っている
「アクティブアプリ条件」
で、この項目に関してはようやく理解できました。
また、シアノンさん作のSortInchKeyの作り込みの凄さに
とにかく感心してしまいました。


それを元にして設定し直したのが・・・

受話キー1度押しでWkTASKのランチャ起動
受話キー2度押しで通常の受話キー取り上げ。
終話キー1度押しでサスペンド(Today以外では最小化でTodayに戻る)
終話キー2度押しで全アプリ終了


というもの。

080627_002.png
通常は受話キーでこの画面に

080627_001.png
受話キーをダブルクリックでこの画面



でも・・・
失敗しやすい2度押しで、それこそ電話取れるの?となるわけですが
ここでアクティブアプリ条件を利用すると、
「着信時は受話キー1度押しで受話できる」ように
設定できるわけです。

080627_003.png
この画面、つまり着信時に受話キーを押せば、
ダブルクリックでなくても受話OK



以下はその設定方法です。
途中まではsiam_breezeさんの内容です。
アプリのみsiam_breezeさんがappclose.exeを使っている部分を
WkTASKのサスペンドで流用しています。

●用意するアプリケーション
[SortInchKey]
キーを変更する。今回の肝。

[WkTASK]
すでにインストール済みでappclose.exeのかわりになるので
サスペンドを目的なら、同様のアプリでOK。

[MultiKeyHook]
すでにTogglekeyを使っている場合必須で
同様にSortInchKeyを登録しておきます。
ちなみに自分は
1.Togglekey
2.SortInchKey
の順番で登録しないとSIMがいつまでもスタンバイ状態でした。



●受話キーと終話キーにキーコードを割り当てる
・「メニュー」から「設定」。
・「追加」をタップします(まず受話キーの設定)。
・「キー名称」に「SEND」と入力します。
・「キーコード」に 0x72 (ゼロ エックス・・・)と入力します。
・「OK」をタップ。
・「追加」をタップ(続いて終話キーの設定)。
・「キー名称」を「ENDPHONE」と入力します。
・「キーコード」を 0x73 とします (ゼロ エックス・・・)。
・「OK」をタップし戻ります。
・コード名称一覧の一番下に「SEND」「ENDPHONE」が追加されているのを確認して、
 「OK」をタップし、SortInchKeySetting.exeのメイン画面に戻ります。

080627_006.png
設定後の画面


●終話キーにサスペンド等を割当
・「追加」をタップ
・「設定タブ」の「コード」をタップすると一番下に「ENDPHONE」があるので選択。
・下の方の「アクティブアプリ条件」で「クラス」を選択、その下に Desktop と入力します。
・「短押しタブ」に移動。
・「有効」にチェックを入れる。
・「追加」をタップ。
・「種類」は「アプリ実行」
・「ファイル」で WkTASK を選択。
・「パラメータ」に /s と入力。(WkTASKは引数/sでサスペンドする)
・「OK」をタップ。
・続いて「二度押し(短)」タブで、「有効」にチェックマークを入れます。
・「追加」ボタンがタップします。
・「種類」は「アプリ実行」
・「ファイル」で WkTASK を選択。
・「パラメータ」に /a と入力。(WkTASKは引数/aでアプリを全終了する)
・「OK」をタップ。
・「OK」で戻ります。

080627_007.png 080627_001b.png


●次に受話キーにランチャを割り当てます。
・「追加」をタップします。
・「設定タブ」の「コード」から「SEND」を選択します。
・「設定タブ」での設定は以上です。
・「短押しタブ」に移動。
・「有効」にチェックを入れる。
・「追加」をタップ。
・「種類」は「アプリ実行」
・「ファイル」で WkTASK を選択。
・「パラメータ」に /l と入力。(WkTASKは引数/lでランチャ起動)
・続いて「二度押し(短)」タブで、「有効」にチェックマークを入れます。
・「追加」ボタンがタップします。
・「種類」は「キークリック」
・「コード」は「SEND」
・あとはOKボタンで戻ります。
~これでどのモードでも1度押しでWkTASKのランチャ起動
 2度押しでリダイヤル(通常の受話キー1度押し)画面になります。

●一番肝の「着信時は受話キーワンクリックで受話」の設定です。
・SortInchKeySettingのメイン画面の「設定タブ」画面で「追加」をタップ。
・「コード」で「SEND」をプルダウンメニューから選択します。
・「アクティブアプリ条件」で「クラス」を選択、その下に Dialog と入力します。
・「短押しタブ」に移動。
・「有効」にチェックを入れる。
・「追加」をタップ。
・「種類」は「キークリック」
・「コード」は「SEND」
・「OK」をタップ。
・二つ目のSENDの設定(着信中設定)が一つ目のSENDの上になるように移動。
・SortInchKeySettingの終了

080627_008.png
長文、お疲れ様でした


~この二つ目の設定で
 1.受信中は受話キーワンクリックで着信(つまりノーマルの動作)
 2.リダイヤル画面で発信
 できるようになります。

逆にこの設定をしないと、受話はおろか
リダイヤル画面でもダブルクリックしないと
発信できないという苦しい状況ですのでご注意。


なおこの状態でKeypad Quick TasksがOFFなら
スライドをあけるとWkTASKのランチャが起動します。
要はスライドオープンとSENDのキーコードが同じと言うことですね。


このように、SortInchKeyはWMの状態によって
ボタン動作を変える機能をもちますので
Touch Dualのようにボタンの少ない機種では
非常に有効に使えるアプリケーションです。
ちょっと敷居が高いと思うかも知れませんが
すごくおすすめです。
でも自分もまだ知らないパラメータだらけw

アクティブアプリ条件、クラス等の説明は長くなりましたので
別記事でまた後日。

080627_003b.png
ヒントはコレ




~リンク集~

siam_breezeさんの元記事~
[Kaiser]SENDキーの2度押しにアプリを割り付ける
[Kaiser]Treoスタイルでサスペンドしたい(終話キーでサスペンドする方法)

SortInchKey ~シアノンとAd[es]の気まぐれ日記~
MultiKeyHook ~ある忘れっぽいプログラマの覚書~
WkTASK ~Wk Software Lab~
ToggleKey ~がじぇっと◆さひろ~

この記事へのトラックバックURL
http://sarumanehonpo.blog70.fc2.com/tb.php/257-0a94a429
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。