--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.09

WM6化その4/思い直し編【hx4700】

好奇心ともろもろの事情からhx4700をWM6にアップグレードしてはみたものの・・・
いくつかの不具合(というか自分的に許容できない部分)に気づきました。

1.急激に遅くなるときがある。
再現性が確実にあるのが、サスペンドからの復帰時。
数秒まったく動作を受け付けませんでした。

2.MacのMissing Syncでパススルーができなくなる。
これはWindows Mobile 5でも同様なんですが
できないよりはできた方が便利かな。

1についてはレジストリの調節やフォントキャッシュなどもさわったのですが
全く改善せず。
ハードリセットをした直後は動作がよいので
フォントが原因かとも思ったんですが・・・。

3.b-Walker for iPaq naviの動作が遅くなる。
これが致命的でした。
WM6にするとb-walkerの経路検索速度が倍近く遅くなってしまったのです。
hx4700の主な用途は(b-walkerによる)カーナビなので、これには困りました。
これってネイティブのWM6でもなんですかね?

これではちょっと使えないなぁ。
と、いうことで・・・。

Windows Mobile 2003SE(本来のOS)に戻しました。
実はWM6.1を調子にのって焼いたら起動しなくなったのも
焼き直す理由の一つだったりします。

ちなみに電源も沈黙、インジケータもつきませんでしたが
1.バッテリーをはずす。
2.リセット
3.ブートローダーにて起動。
 (コンタクト+iタスク+リセット)
を何度かすることでブートローダーが復帰したので
USB接続で
2003SEのアップグレードを実行して戻せました。

ちょっと冷たい汗をかきつつ、どうにか復旧です。


img_618832_21010415_0.png
動きが重いWisbar Advance2を使っても全然軽快♪



やはりレスポンス自体は自分が焼いたWM6より格段に良いです。

その後調べてみたところ、Fix3のROMを焼いてから
自分が使用したROMで、さらにレジストリ等を調整すると
レスポンスは改善するようですが
3の件で、ROM焼きの怖さにびびったのでおとなしく2003SEを使うことにします。

p.s.
WM5のCDROMを持ってなかったのでダウングレードに困りましたが、
2003SEのROMはHPのサイトにある「2003SE用のアップデータ」を利用すれば
ダウングレードできました。
(アップデータというより、2003SEのROMを上書きするものだったのですね。)

この記事へのトラックバックURL
http://sarumanehonpo.blog70.fc2.com/tb.php/23-870bfd66
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。