--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.10

TV電話用ボタンにアプリのCloseを割り当てる【X01HT】

滅多に使わない受話ボタン直上のTV電話用のボタン。
こちらにアプリケーションや機能を割り当てられると便利かなと調べてみると
先人がすばらしい方法を考えていました。

VTKey.exeをいうアプリを上書きする事で、このボタンの機能を停止させて
Keycodeを吐き出す事ができるようになります。


自分の場合はアプリケーションの終了を割り当ててみようかと思います。

1. Dreem Seedさんから【VTKey.zip】をダウンロードする。
2. X01HTの定番アプリ、【PQzII】をダウンロード。
  PQzIIはキー入力の割り当てやタスクをコントロールします。
3. VTKey.zip解凍後にできる、VTKey.exeをWindowsフォルダへ(上書き)。
4. PQzIIをインストール。
5. KOTETUさん謹製の【AppClose】をインストール。
  AppCloseは最前面のアプリケーションを終了するアプリです。
6. PQzIIのセットアップを起動しProgramのタブのUse this functionをチェック、
  ADDのボタンを押す。
  noneが二つ並んでいるうちの右側のnoneのところに、
  VTKey.exeがはき出すキーコード、「0x88」を記入、
  Nameはアプリですので、KOTETUさん謹製のAppCloseのパスを入れればOK。


・・・ちょっとまて、俺。

失礼いたしました。

AppClose使わなくても
PQzIIの「System」で完結しました。

1.「System」タブを選び、「Use the function」をチェック。
2.一番上のCloseを選びEDIT。
3.右側のnoneになっている「Code」を、VTKey.exeがはき出す「0x88」と記入。

これでTV電話用ボタンでプログラムを終了させられます。
さらに、PQzIIの上記設定でCTRLと併用で「アプリの全終了」も割り当ててあります。

この記事へのトラックバックURL
http://sarumanehonpo.blog70.fc2.com/tb.php/144-0a6e1dd7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。